• seisaku ing

キャンプだホイ王国 その③



ここはアウトドアが大好きなカピバラ達の楽園、キャンプだホイ王国。

南アメリカのとある大きなキャンプ場に、キャンプ好きなカピバラ達が集まっている。


 今日は、カレーを作る男の子と女の子。キャンプといえば、カレーだよね。

「何カレーを作るの?」

「今回はダッチオーブンで作る、無水カレーだよ」


材料

トマト:大4個

タマネギ:中2個

鶏もも肉:400g

ショウガ:1/3個

ニンニク:3カケ

カレールー:半分

クミンシード:適量

ご飯:3合(欲張りさんはもっと沢山炊こうね!)


 作り方その1、

 食材をカットする。トマトを大きめの角切りでカット。細かくしても問題ないけど、カットするうちに水分が出てしまう可能性があるから注意。次に、タマネギを薄くスライス。薄くすることで、食材に早く火が通り、時短で仕上げることができる。


 その2、

 ニンニク・ショウガをすりおろす。ニンニクとショウガは、おろし器を使う。みじん切りにしても問題ない。


 その3、

 ダッチオーブンに油を入れ、クミンシードをテンパリング。ダッチオーブンを温めて油を入れ、クミンシードを入れて極弱火で炒める。スパイスを使う時は、油にスパイスの香りを移していく作業「テンパリング」が重要な作業になるよ。ここでスパイスを焦がすと、完成しても苦い香りが残って台無しになってしまうから、丁寧に炒めよう。


 その4、

 ニンニクとショウガを入れ、早めにタマネギを投入。ある程度クミンシードを炒めたら、ニンニクとショウガを入れる。この時も、あまり炒めすぎないように弱火で。焦がさないようにヘラなどでかき混ぜながら進行しよう。ニンニクとショウガを入れたら、あまり時間をおかずにタマネギを入れる。早めに入れることで、焦げをストップする「色どめ」の効果があるよ。


 その5、

 鶏肉を入れ、表面に色がついたらトマトを投入。タマネギがしんなりとしてきたら、鶏肉を入れる。この後にじっくりと煮込むから、ここで鶏肉に芯まで火を通す必要はない。次にトマトを投入。ヘラを使ってつぶしながら炒めるのがポイント。


 その6、

 カレールーを入れてじっくり煮込んで完成。水分がある程度出てきたら、カレールーを入れる。お玉などで水分と一緒に溶かしながら入れていく。煮込むこと40分、とろみがついたら完成。


完成した無水カレーライスを、椅子に座って食べる二匹。カレーの匂いが広がって美味しそう。


「美味い~・・・、トマトの旨味が強い!」

 男の子はすでに完食に近い。

「うん。トマトって出汁がいいよねぇ。また作ろう!」

 すでになくなりつつあるカレーを見つめて、男の子は考えた。

「カレーを嫌いな生き物っていないよね」

「・・・どうかしら、中にはいるんじゃない?」

「え~、カレーが嫌いだなんてありえないよ~‼」

「それはそれぞれの好みだから・・・」

「まぁ、それはそうか・・・。ちなみにカレーはどこの国の食べ物でしょうか」

「インドでしょ?」

「なんだ、知ってるのか。・・・面白くないな」



 話が尽きたのでおかわりに向かう男の子。

 2匹で食べるとすぐなくなるなぁ、と女の子は残念そう。


 カレーって匂いを嗅ぐだけでお腹が空くよね。それだけすごい料理なんだ。今度は、ハヤシライスを作ろうかな。


つづく・・・


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示