• seisaku ing

キャンプだホイ王国 アメリカでキャンプ

 ここはアウトドアが大好きなカピバラ達の楽園、キャンプだホイ王国。

南アメリカのとある大きなキャンプ場に、アウトドアが大好きなカピバラ達が集まっている。


 ここはアメリカで有名なキャンプ場、グランドキャニオン国立公園のマーサー・キャンプグラウンド。アメリカ合衆国の最も古い国立公園の1つであり、アリゾナ州北西部に位置している。

「・・・ついに着いたね」

「長かった~・・・、アメリカは遠いよ・・・」

「飛行機の時間がめちゃくちゃ長かったからね」

「13時間だよ、13時間‼」

「正確には13時間55分。およそ、14時間」

「・・・細かいことは言わなくていいの」


 予約していたサイトに行き、二匹はテントを張った。


「せっかくここまで来たから、スーパーに行こうよ‼」

「良いね、行きたかったんだ」

 グランドキャニオン国立公園の中には、大きなスーパーがある。食料品以外に、衣類、日用品、お土産など様々な物が売っている。足りないものや、必要な物はこのスーパーで揃えられる。

 スーパーに入った二匹は、ものすごい広さで驚きが隠せない。

「すごいな~・・・‼」

「広いし、本当に色々な物が売っているんだね‼」

 服や雑貨など順番に見ていくと、食品コーナーに着く。

「あ、美味しそう・・・」

「・・・何これ?ゼリー?見たことない色をしてるね・・・」

「買ってみよう」

 男の子が選んだのは、緑、白、赤の三段層になっているゼリー。その他にも様々なデザートが売っている。

「このカップケーキ、美味しそう‼」

「せっかくだから買ってみたら?」

「・・・じゃあ、これも買おう‼」

 気になったものをどんどんカゴに入れていく女の子。

「・・・他にもあるんだから、そんなに入れないでよ」

 食べ物から日用品までカゴに入れていき、カゴはすぐにパンパンになった。

 スーパーを周れるだけ周って堪能した二匹は、キャンプサイトに戻る。


 テントに戻ってきた二匹は、先ほどスーパーで買った食材でご飯を作ることにした。

「あそこのスーパー、すごかったね‼」

「本当、色々置いてた」

「よし‼今から作るよ」

「・・・何を?」

「キャンプと言えばカレー、だよね。だから、アメリカの食材でカレーを作るよ‼」


 食べ物は外に放置せず車などに片付ける。水場で食器などを洗わない、汚い水はトイレに流す、など注意書きが書かれている。フードコンテナは設置されていないから、車か持参したコンテナに片付けるように。


 外には木で作られたテーブルと椅子が設置されているから、そこに座ってカレーを食べた。

「美味しい~‼」

「味、良い感じで美味しい」

「やっぱり外で食べるカレーは良いね‼」

「キャンプしてるって、感じがするよな」

「そうなの。いつもと違うキャンプ場でするのは本当に最高‼」

 カレーをペロリと平らげ、お腹いっぱいになった二匹。テントの中で各々、好きな時間を過ごすことにした。


 気が付けば夜になって、辺りは真っ暗。焚き火とランプで明かりを点ける。

「・・・真っ暗だね。静かだし・・・」

「アメリカは、早寝早起きだからこの時間にはもう寝てるんだよ」

「え⁈そうなの?まだ、22時なのに・・・」

「まぁ、良いじゃないか。まったり過ごせるし」

「そうだね~・・・」

「明日、大渓谷を見に行こうよ。ここの大渓谷が有名なんだよ」

「へぇ~‼行きたい行きたい」


 次の日、ちゃんと大渓谷を見に行ったよ。とても綺麗な景色で、感動した。次はどこの国に行こうかな。


つづく・・・


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示